有田式呼吸法で脳活
禅の瞑想長く修行した人の脳でおこると言うアンチエイジング効果それと同じ状態が簡単に得られる方法があると言う。
それが、有田式呼吸法と呼ばれる呼吸法です。

有田式呼吸法 その方法とは?

世界ふしぎ発見!アクティブ脳活ライフ!頭を元気にする秘密

2015 12 05の放送

その研究論文を発表した脳生理学の東邦大学の有田名誉教授に
テレビ番組の世界ふしぎ発見!のミステリーハンターの
白石 みき(しらいし みき)さんが、取材しました。

どうすれば長い修行積んだ前の禅のお坊さんと同じような脳のアンチエイジング効果を得ることができるんでしょうか?

有田名誉教授の話では
普通の呼吸ではなくて「呼吸法」と言うものをある程度理解してその運動を続ければ禅のお坊さんと同じような脳の変化が期待できるそうです。

「意識して吐く」呼吸法

その呼吸法とはどんな呼吸法のでしょう?

その呼吸法は開発者の有田名誉教授によって有田式呼吸法と呼ばれていて「意識して吐く」という呼吸法です。

東邦大学脳生理学,有田名誉教授
東邦大学脳生理学 有田名誉教授

吐いて、ゆっくりと吐いていってそれを止めると
すると、ふいごが膨らむように自然に吸っていくようになります。

その一種の運動なんですが、その運動を集中してできると
禅のお坊さんと同じような脳の変化は十分に測定できるといいます。

早速、世界ふしぎ発見の番組では脳の状態を見るために脳波測定器を使って有田式呼吸法を実験してみます。

被験者はミステリーハンターの
白石 みきさん、はたして白石 みきさんの脳に変化は現れるのでしょうか?

簡単にできる有田式呼吸法

有田式呼吸法,実験
有田式呼吸法の実験

番組では
先生の指導のもと有田式呼吸法を実践してみます。

①有田式呼吸法 下腹部を意識してへこます。
下腹部を意識して息をゆっくり吐きます。下腹部をへこますにはどうするかというと、しっかりゆっくりゆっくり吐くことが必要です。
ずっと吐きながらへこまして行きます。

②有田式呼吸法 息を吸う
後は緩めて時間をかけてゆっくり息を吸う。

③有田式呼吸法 目を閉じずに20分間続ける。
目を閉じないのがポイント
初めて7~8分した頃からの脳波に変化が現れました。
リラックスしたり睡眠中に発生するアルファ波が多く出ているのが分かります。

有田式呼吸法の効果

アルファ2という脳波が出現
アルファ2という脳波が出現

目は閉じず、教わった呼吸法を行うことを20分
白石 みきさんの感想

終わったと気分が知っているすっきりします。
体がふわっと軽くなる瞬間がありましたし周りが気にならなくなるっていうか今までにない感覚です。

すごいすっきりしました通常出現しないであろう。アルファ波2というのが出てきました。
アルファ波2の脳波が観測されました。有田式呼吸法によって脳は間違いなくある特殊な状況に変わったということが言えます。

有田式呼吸法,効果
有田式呼吸法の効果

有田式呼吸法を実践すれば
終わった後も爽快感があります。

有田教授はいいます。

有田式呼吸法では
禅ゆっくりしたリズムで腹式呼吸を行うと言うことで脳内でセロトニンなどの物質が分泌されその効果としてストレスを和らげ精神が安定される効果が期待されるといいます。

禅はどこでもできますし場所を選ばないですうまくそれがマスターできればすごくいいアンチエイジングになります。