朝型の勉強スタイルは効率が良く脳にも良いため受験生には絶対におすすめなのですが、朝型に変えても効率が低下、記憶が悪化
成績が落ちたという人も多く見られるようです。
勉強方法を朝型にするには、単に目覚まし時計をかけて気合で起床して勉強しても効率はあがりません。

見逃しているものは人が元々からだの中に持っている体内時計です。
体内時計を調整しなければ無理に朝型に変えても、勉強の効率は上がらないのです。

朝型の受験勉強に変えても効率が悪くて悩んでいます。

  • 『朝型の受験勉強のに取り組んでも眠気が酷くなり眠くてしょうがない。』
  • 『毎日勉強中についつい眠くて寝てしまい翌朝起きれない』
  • 『朝型にしたいが、朝起きるのが辛く起きれない』

そんなことを経験している受験生の人は多いのではないのでしょうか。

思い当たることが1つでもあれば、

今回の記事を読んでください!

あなたは時間の使い方を間違っている可能性があります!

毎日眠気を感じながら朝『しんどいなぁ』と思いながら朝方に無理やり変えようとしていませんか?

目覚まし時計のアラームの音で無理やり体を起こし、頭が冴えないままのストレスフルな状態で起床して勉強に取り組んでいませんか?

目覚まし時計の音に『あーしんどい学校休みたいなぁ』と思いながらも起床して満員電車に揺られ登校
学校の授業も頭に入らず焦る毎日、、、

朝型で扁桃体を活性化しても体内時計がストレス溜め込んでしまう

確かに夜型から朝型に変えると脳の、扁桃体を活性化して、記憶をつかさどる海馬という部分が活性化します。
つまり、扁桃体の活動が高まると、頭にすらすら情報が入ってきて記憶力が高まることになります。
朝型に変えて扁桃体に「適度な緊張感」があると、お隣の海馬が活性化して、集中力や記憶力が高まるわけです。

しかし、朝型に変えても、頭が冴えず記憶力さえもついてこないのでしょうか?

実は、扁桃体を活性化が悪い方向に出ると、忘れたくても忘れられないPTSDやフラッシュバックが起きることが
報告されています。つまり、今までのストレスの大きなな目覚まし時計の音による起床と不快な目覚めが悪い記憶の呼び出しに
使われていたわけです。

扁桃体は「適度な刺激」だと勉強に役立ちます。

また、朝に勉強することは睡眠の直後なので、脳内が整理されており、頭に入りやすく、まわりの静寂が、最高の学習環境を提供してくれる
適度な時間制限があるために、締め切り効果を期待できるため朝型の勉強法はメリットが大きいのですが体が悪い記憶を呼び戻してしまう結果で効率が悪いのです。

では、扁桃体を適度に刺激して朝型勉強法を効率的にする方法は無いのでしょうか?

体内時計を調整して朝方へ

目覚まし時計の音でたたき起こされて1日が始まる、現代社会は大人も受験生も、同じストレス過多の社会です。音で目覚めるのは脳や体に大きなストレスを与えます。また、冬の寒い朝に目覚まし時計の音を想像しただけで、「会社を休みたい」「学校を休みたい」と誰もが一度は思ったことがあるはず。

パブロフの犬のように条件反射で目覚ましのストレス音と朝の起床は紐付けられていて、脳の扁桃体がストレスの記憶を呼び出してしまうのです。

人間の体には生物そのものが本来持っている体内時計というものがあって、その体内時計に沿って活動をするのが自然です。しかし夜型の生活やや受験勉強のストレスなどで体内時計ずれてしまい脳が夜と朝を間違えて活性か出来ないくなってしまっている事が多々あります。

体内時計を調整するのは、光、そうです太陽の光です。人や動物は起床の時に太陽の光を浴びて体内時計を調節します。

しかし、家の間取りや窓の方角で朝から太陽の光が差し込めばいいですが、このような事は希で毎朝太陽の光で起きるわけにはゆきませんし、冬場は太陽の光で目覚めていたなら会社や学校に遅刻してしまいます。

光で起きる目覚まし時計で体内時計の調整を

そこで、光で起きる目覚まし時計というものが今、話題になっています。

これを使うと徐々に夜型の脳から朝型へスタイルを変えてゆくことが可能になるのです。テレビ番組や雑誌などでも取り上げられて話題になっています。コンパクトで持ち運びも出来るので受験の朝にもホテルなどに持って行って使えばスッキリ、ストレスを感じずに脳を起こして受験勉強や試験の解答の効率を上げてくれることでしょう!
最新光目覚まし「インティ4」が発売

以下の最新光目覚まし「インティ4」の情報がありますので興味がある方はご覧になってみてください。
【テレビや雑誌でも話題!】光で起きる目覚まし時計 inti4(インティ フォー) 今テレビや雑誌などのメディアで、睡眠・快眠グッズがとても注目されています。 それも日本人の5人に1人が不眠で悩んでいるといわれるからでしょう。 スッキリ起きられる、グッスリ眠れるという人体のメカニズムには 「光」が大きくかかわっています。 そのメカニズムにアプローチした商品が「光目覚まし時計」です。 「めざましテレビ」や「スッキリ!!」、「この差ってなんですか?」などのテレビ番組や 「日経トレンディー」「GetNavi」「an・an」の雑誌など800媒体以上で紹介され 非常に注目されている「光目覚まし時計」です。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)