images04a

  • スッキリ目覚めて朝方生活に変えたい受験生の方に
  • 寒い朝、なかなか起きれない方に

目覚ましの音を聞いてドキッとストレスを感じた経験はありませんか?ああ今日も目覚まし時計に起こされた、、寝起きが悪いと一日が凄く憂鬱ですね。人間の体には体内時計というものがあり、そのメカニズムで人は快適にもまた、不快にもなるものです。その体内時計を調節しているのがヒカリ、そうです太陽の光なのです。

一方、光で起きると気持ちがよく1日を通して疲れにくいのは体内時計のメカニズムと関わっているからです。

何度も目覚ましの音を止める寒い朝のストレス

これから、寒くなると何度も目覚まし時計の音を止めて、あと5分と温かい布団の中に潜り混む毎日が続きそうです。目覚ましがなり止めては鳴ってを5回ほど繰り返す毎日でその目覚ましはどんどん音が大きくなります。なかなかスッキリと起きることも出来ず、体は覚醒しないまま寒い外へ出てゆかなければならない毎日がはじまります。

受験勉強で朝方に変えたいけど、目覚まし時計をセットしてもどうしても起きれない。それは体内時計が狂っているからです。無理やり大きな音で起きようとすればストレスを感じて更に体は逆の反応をしめして起きたくなくなるのです。

目覚ましの音 嫌いな人も同様、体と脳に目覚ましの音はストレスを与えていっるのです。

  • 朝スッキリと起きて会社や学校に通いたい
  • スッキリ目覚めて効率の良い朝方生活に変えたい受験生
  • 毎日をはつらつと過ごしたい方に

オススメのグッズがあります。

光で起きる目覚まし時計とは

ストレスで脳や体が蝕まれている現在社会、日本人の5人に1人が不眠で悩んでいるといわれています。テレビや雑誌などのメディアで、睡眠・快眠グッズがとても注目されています。

スッキリ起きられる、グッスリ眠れるという人間の本来の体のメカニズムには 体内時計を調節する「光」が大きくかかわっています。 そのメカニズムにアプローチした商品が「光目覚まし時計」です。

inti4_011b

テレビ番組では

  • 「めざましテレビ」
  • 「スッキリ!!」
  • 「この差ってなんですか?」

雑誌では

「日経トレンディー」「GetNavi」「an・an」など800媒体以上で紹介され ていつ「光目覚まし時計」というものがあります。

詳しくはこちらを、きっと寒い朝のストレス軽減や受験勉強のための朝型化に効果が見込めるはず!

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)